忍者ブログ
Admin*Write*Comment
わたくしのぶろぐ
[133]  [132]  [131]  [128]  [127]  [126]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々の長文ですぜ、兄貴!

 

 

遅いのか早いのか。今日は父と共に成人式に着る振袖を見に行きました。

といっても買うわけでなく、今日はあくまでも「振袖のお勉強」だけ。

えーと、もしかしてこれは我が家独自のやり方なのか・・・? みんないきなり振袖を「選びに」行くのか?

 

とりあえず、柄や色の種類を把握せねば選べないだろう・・・というのが我が家の考えでして。安くない買い物に対して長期計画派なのがうちの父。すなわち振袖購入までに下記のような手順を踏むことになるのです。

①下見・・・どんな柄(のレイアウト)があるのか、どんな色があるのか、どんな系統の柄がいいのかを、いろんな店で大まかに見てみる。

②絞り込み・・・色、柄、雰囲気を考えてどんな物がいいのかを検討する。

③購入・・・帯、半襟、帯揚げなどの小物と合わせて全体の雰囲気を見ながら買うものを選ぶ。

 

えーと、なんだか書き出してみると「気合入りまくり!」みたいで気恥ずかしいスね。実際はひたすら「ゆっくり見てから決めよう」という感じなんですが。

で、ともかく今日は下見のみをやってきました。

ので、店員さんが予算を聞いて詰めに入ろうとしても「今日は買わずに『勉強』で来てますから」「すいません、今日の購入は考えてないので」と言い続けます。どんなに乗り気な様子を見せても、サラリと「あの、今度はそっちのを合わせてみていいですか?」「えーと、じゃあ次はそこの濃い青を」と、とっかえひっかえ試着します。

金にならないわ店員さんの時間と労力は頂くわで、全くもって「旨くない」客でしたね・・・。

 

二軒しか回らなかったのだけど、四色(白・ピンク・青・黄)で八着くらいは合わせてみました。全体の柄の量、裾からのグラデーションの具合、帯とのコンビネーション、色の濃淡など、さまざまな要素があって悩みます。

 

始めにいいなと思ったのは白で裾に濃い目のぼかしが入っているもの。パンフで似たようなのを見て以来気に入ってる配色だ。今回見たのは黒のグラデーション部分に薄青の花模様のもの。シックな雰囲気で良かった。

それから珍しかったのが淡い黄色の振袖。菜の花の色を薄くしたようなパステルカラーで、裾と袖の下の方が抹茶緑のグラデーション。黄色はイロモノだと思ったんだけど試着だから何でも行ったれ!と着てみた。しかし黒地に金の帯を合わせて引き締めたらそれが結構良い感じになった。黄色の振袖ってあまり見ないので心惹かれるなー。

青の振袖もやはり薄い色が良い。店の人の意見でも、どうも薄い色と私の顔が合うらしい。濃い青は父いわく「顔が埋もれてる」そうで・・・。柄が多いのを選んだり明るい金の帯で緩和したりすれば着られないことはないんだけど、確かに顔と濃い色の生地はちぐはぐな感じだった。そういう「合う・合わない」って、鏡を見てると意外と分かるものだ。

色としては二軒目で見た薄青が一番気に入った。こちらは対して違和感もなく、帯とあわせても問題なく、店員さんや父の反応も上々だった。どうもね、普段着てる服の色もこういう青が多いな、と思う色だった。私の好みにドンピシャの青。布地だけでも欲しい!インテリアも洋服もあの色で行きたい!ってくらいの青。

 

 

 

だったのに。

であったのにも関わらず。

なぜに。

私と相性がいい振袖の色は

 

 

 

 

どうやら ピンク らしい。

 

 

 

 

あちこちの店員さん方いわく

 

「ああ、ピンクがお似合いですね」

 

「さっきの白もいいけど、このピンクもねぇ・・・」

 

「お客様、ピンクなんかお似合いになるんじゃないかしら」

 

「最初から、何かピンクのがお似合いになるんじゃないかって思ったんですけど」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま ・ じ ・ で ! ! ?

 

 

 

 

 

 

つーか

 

 

 

 

MA ・ JI ・ DE  ! ! ?

 

 

 

 

 

私、ピンクさんに対してそんな愛着とか、ないッスよ?

雑誌で『オンナノコは やっぱり P I N K!』なんて書いてあろうもんなら

「えー、勝手に決めんなよ・・・」って美人モデルのキラキラ笑顔を白い目で眺めちゃうような

 

テレビで『今年の流行色はピンク』なんて聞こうもんなら

「おーおー好きにしろ。青好きの私が目立ってむしろ個性的になるから」とか思うような

 

街角でバカップルに遭遇しようもんなら

嫌悪を込めて「このピンク共め!」と苦虫を五匹くらい噛み潰しちゃうような

 

そんなレベルだよ?

・・・いいの? そんな私と相性のいい色が、ピンクで・・・いいの?

(知らんがな)

 

 

 

 

「先日のお見合いのことなんだけどねー」

「うんうん、どうだった~?」

「今度の相手、桃山さんって人なんだけど・・・私とね、とっても相性がいいっぽいの」

「えー、じゃあミドリついに結婚すんの~!?」

「うーん・・・でもね、なんか決め手がなくってさ。カレ公務員だし性格も悪くないと思うしね、傍から見たら文句ない相手なんだよね。周りも『とってもお似合いよー』って言ってくるし。でも・・・」

「えー、じゃあ何が不満なの? その人、顔がイマイチとか?」

「そうじゃないんだよねどっちかって言うと・・・イケメン寄りかな」

「ウッソー!それでなんで渋ってんのよー、信じらんな~い!」

「だって・・・トキメキって言うか、心にくるもんがないって言うか・・・」

「あのさーミドリ、結婚相手ってそんなもんだって。トキメキより安定が大事なの。そういう理由で渋ってんのならさ、悪いこと言わないからその人に決めちゃいなよ」

「・・・でも・・・」

「あ・・・!もしかしてミドリ、総務課の青川クンのことが気になってるんじゃない!?」

「・・・実は、それもちょっとあるかも」

「アンタら、結構仲いいもんねー。そりゃ青川クンも悪くないよ。でもさ、その桃山さんって人?周りがそんなにお似合いだって言うんならよっぽど合うものがあるんじゃない? ピッタリくるっていうかフィーリングが合うっていうかさ。私があんまり口出しできるようなことじゃないけど・・・一度は桃山さんの方も真剣に考えてみたら? 嫌いじゃないんでしょ」

「・・・そうだよね。悪い相手じゃないんだよね・・・・・・」

 

 

みたいな!

そんな感じ!

 

結婚かー。

悪くないなー。けどなー。何だかなー。

 

みたいな!

そんな! 

 

 

 

って、どんな感じだ!!

 

OLだのお見合いだの、良く分からんわ!

ミドリって誰だ!見合い相手にトキメキってお前!イケメンってお前!

おいミドリ!現実を見ろ!

 

 

 

・・・ともかく

ナゼにピンクか?

マジでピンクか?

 

嫌じゃない。むしろ似合う色がハッキリ分かってるのは有難いことだ。!

「オマエ何を着ても似合わないな」とか言われるのに比べたら100倍も幸せだ!

だがしかし!

しかしピンクなのかー!

 

 

動物好きの人が動物に好かれるように

子供好きの人が子供になつかれるように

私が好いたものは概ね私を好くもんだと思ってきたのに。「青」がそうであるように。

なのに、なぜにそう好きでもない「ピンク」が私のことを好いてくれているのか?

分からん。

 

 

・・・ハッ!

もしや・・・・・例えば漫画でいうところのアレか?

 

『無垢な赤ん坊とやさぐれキャラが絡んだときは必ず赤ん坊がそいつに懐く』というアレか!あの法則か!!

チンピラで通ってるキャラが「チッ・・・俺はガキが大嫌いなんだよ!」とかいいながらも一生懸命に赤ん坊のオシメを代えてやるというアレか!!ギャップ理論か!!

それはもう、世の摂理だ。キャラの魅力を引き立たせるためにはギザギザハートのアイツがなぜか懐かれて『え、コイツまさか不良じゃなくね?案外イイ人じゃね?』みたいな空気を醸し出さなきゃ世の中が成り立たないもんな。神の配剤の一種かコレ!

ということは私は「チッ・・・アタシはピンクなんて色大嫌いなんだよ!」とか言っちゃえば・・・

そんで友達に「あー、ピンク着てるとお前、結構カワイイじゃん」とか言われて「なッ・・・バ、バカなこと言ってんじゃないわよ・・・!」とか頬染めながら言っちゃえば、

 

 

完璧かァァァー――!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

O....TL  (←くびがとれてる)

 

 

ごめん。今のナシ。

今のところ、本番はカットでお願いします。ちょっと調子こいてみたかったんス。

 

・・・うん、ツンデレはちょっと無理。キャラじゃない。

なんかこう・・・大阪のオバチャンのオシャレコーディネートくらい間違ってる。

 

 

 

 

ともかく、もう少し悩んでみよう。例の三段階ってモンがあるからな。

桃山さんか青川さんか・・・

 

・・・それとも黄田さんか。

 

 

 

(第三の男、現る!!)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
新しい絵文字を考案した。 ≡え°「キィィィーン」
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新記事
  • カウンター
  • 最新コメント
  • プロフィール
HN:
さえき(saeki/S女史)
性別:
女性
自己紹介:
好きな色は青・深緑・赤白黒。大の武具甲冑好きにして生粋の日本刀フェチ。好きな刀の部位は今のところ鎬かな☆(刀身を光に照らした時にカッコイイ)。好きな恐竜の学名は“Eoraptor lunensis (暁の略奪者)”で好きなドロンボーはボヤッキー!
タバコ吸ってる人がキョロキョロした瞬間に灰皿を差し出し、時間を聞かれた時に誰よりも早く答えることを生き甲斐にしている。座右の銘は「当意即妙」。軽度のナルシズムは功罪一体で重度のサディズムは秘匿事項。手紙書き・片付け・シイタケが非常に苦手な、体長163cmの学名“Homo sapiens”でございます。
  • フリーエリア
Copyright © わたくしのぶろぐ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館, iz *Template by Kaie
忍者ブログ [PR]