忍者ブログ
Admin*Write*Comment
わたくしのぶろぐ
[356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワンピレポの中編です。

インペルダウン オフ会 in HTB 【前編】

 

 

メモリアルログを出てからまず近くにあったワンピグッズのお店に入りました。前編にも書いたように、最初の目的を遂げた後で何をするか全く決まってなかったので、とりあえずワンピ関連のネタで間を繋ごうと思ったのです。

ワンピショップに行ってインペルダウンのグッズを探します。・・・そして予想通りに撃沈。

もー!なんで署長の時計とか副署長のパズルとかインペル印のクッキーとか置いてないんだよー!と怒ることもなく、もはや達観の域。本当にローやエースやチョッパーやハンコックにまつわるグッズの多さには舌を巻きます。監獄ファンはそういうグッズを眺めながら「監獄仕様の時計があったら・・・」「署長のキーホルダー出ないかな・・・」「インペルダウンのマークもこのグッズにすれば絶対カッコイイのに!」と妄想するのが日課です(笑)

しかし一緒にインペルダウンの不遇やロー人気への嫉妬を分かち合える人が横にいるというのは嬉しいものです!『インペルダウン編』とされているパズルで監獄組がいかに冷遇されているかとか、署長がどんなにカッコイイかとか、監獄マークの金属製グッズが欲しいけど自作は難しいとか、話が合うこと合うこと!

結局パッケージがインペルダウン編のカードつきガム(100円)とシール付きのチョコレート菓子を買いお店を出ました。

 

その後はお昼ご飯です。これまた会場近くのワンピにちなんだメニューを出すお店に入りました。

多分ジャンプ本誌を読んでる人は巻頭カラーページで見たことあると思います。ルフィの麦わらオムレツとか、海賊旗カレーとかフランキーバーガーとかが出てきます。私はそこで海賊旗カレーを、Kさんはフランキーバーガーを注文。

ここは普段は普通にHTBの飲食店なんですが、期間中につき店内がワンピグッズで飾られていました。手ぬぐいとかタペストリーとか至るところにかかってます。そして店内BGMはワンピのオープニング集。

料理が来るまでに今しがた買ったお菓子を早速開封してみます。すると私、一枚目でいきなり署長カードゲット!! こういうので監獄系を引くとテンション上がります。

さて、料理が来ました。ワンピ料理は見た目が凝ってるだけではなく味もちゃんとしてました。海賊のカレーには鳥の唐揚がついてます。フランキーバーガーは大きいのでちょっと食べるのに苦労されてましたがそちらも美味しかったそうです。

 

食事が終ったらフリータイム。あとは適当にコースを決めて場内をぶらぶらしました。ワンピ、グッズショップ、レストランとお話をしたのでもう気まずいとか緊張して無理に話すとかいう空気もなく気楽なもんです。というか最初からあまりそういうフに気ではなかったな。対面から数時間なのにあまり気張らずに一緒にいられるといのは、同じ趣味を持ったもの同士の絆でしょうか。

ともかく適当にお土産屋さんに入ったりしつつあちこち歩き回ります。途中いくつかのアトラクションにも入ろうとしたんだけど、それぞれ何百円かかかるようで微妙に躊躇。結構早い段階で「明日はフリーパスを買って有料施設を回りまくる」と方針が決定してました。

 

場内散策をして、一番奥のフリー(無料)ゾーンへも行きました。HTBは海に面した土地にあるのですが、無料ゾーンには一般クルーザーなども停泊している港があり、さらにそこにはHTB所有の帆船が停泊しているのです!

帆船!航海!ワンピース!!

私達二人は監獄同様、海軍も好き同士です。それが海軍の軍艦にも似た帆船を見つけて大喜びでした。海っていいよなー。帆船ってカッコイイよなー。港のウッドデッキもとてもイイ感じでした。

あとHTBの建物ってオランダをイメージして建てられていて、どこもかしこもオレンジ色のレンガが主体の町並みです。レンガ壁といえば大監獄!・・・というように、至るところでインペルダウンを思い出しつつ普通にインペルダウン編の話をしつつ歩いてました。


 

以下、思いつくままに箇条書き。

・ショーの時間があった。広場でダンスした後、お客さんを巻き込んで場内をパレード。TDLとかと比べればはるかに規模が小さいのだろうけど、それでも参加してたお客さんは楽しそうだった。非日常感を提供するというテーマパークの役割を充分に果たしていると思った。

・水路っていいなー。レンガ造りの川べりに花のハンギングバスケットが下げられている。時々、遊覧船がシャボン玉を飛ばしながら通過したり、河畔の向こうにHTB提供のオランダ風別荘地が見えたり。大きくて統一感のあるお屋敷。移動は運河をクルーザーで、らしい。ブルジョワだなあ。

・道端に巨大な木靴が!オランダでは木靴が有名なんだ。木靴グッズばっかりのお店もあった。木靴って可愛い。

・歩きながら、あるいは座って、インペルダウン関係のあらゆることを話した。下はその一部。

アニメオリジナル部分の批評 / 監獄編の声優 / マゼドミ / シリュウ像について/署長が気の毒 / 副署長かわいい / 家族パロ / 署長の身長にまつわる考察など / インペルダウンの不遇さについて嘆く / 牢番長はグッズ製作に扉絵にと、なぜ仲間外れにされるのか / そもそもインペルダウン自体がグッズ販売でハブられてる件 / あんなにカッコイイ署長がなぜ不人気なのか / それはイケメンじゃないから・・・ / 青キジとかローとかいうイケメンと、監獄ファンであること / いつになったら本誌で描かれるのインペルダウン / ・・・etc.

なんか全体的にKさんと感想が合いすぎて怖いくらいだったw いやー、これだけインペルダウンのことを語っても引かれない+迷惑をかけない相手というのはそうそう居ないですからね。(いつも皆さんにご迷惑かけとります、スンマセン)

意見とか妄想とか言いつつ、私が手を出していない手ブロの方のインペル事情も教えていただきました。・・・貴重な監獄絵を見過ごすわけにはいかないのでやはり手ブロにも進出しなきゃなー。

 

あとぐるっと園内を回って再びワンピ会場のテント裏へ来ました。するとテントの方からなんと署長の声が。そこはどうやら署長ゾーンの真裏にあたるらしく、スピーカーの音声がガッツリ聞こえて来ます。そこにテーブルとイスがあったのでその特等席に腰を下ろして休憩しました。

『通れるものなら通ってみろ!! 地獄の審判!!!』

署長役の星野さんは実にいい声をしておられるなー。これアニメとは別撮りの音声だよなー。と二人で聞き入ってました。

しばらくしたら背後から「カッポ、カッポ、カッポ、カッポ」と音が聞こえて来ました。「木靴の音かしら?」と思いながらそちらを見ると、なんと大きな馬と馬車!HTB場内では石畳をごく当たり前のように馬車が走ってます。

夕方は新規オープンした『スリラーファンタジーミュージアム』のゾーンでショーを見ました。男性ダンサーの衣装が吸血鬼っぽかったのですが、彼らの着ていた黒マントが監獄好きのツボに刺さりました。黒マントの襟が立ってるのがなんとも署長っぽいのです。あと黒マントといえば56巻の冒頭で黒ひげを止めようとしてた看守さん。彼も監獄ファンやモブ看守好きの中ではダントツ人気なのです。

Kさんとともに黒マントのお兄さんに見とれていたら、ダンサーさんたちがお客さんの方へ来て飛び入りのダンスに誘い始めました。昼間のパレード同様、結構行く人も多いようです。・・・私もこういう状態で誘われるとわりとすんなり乗ってしまう方です。祭り好きというか、能動的に非日常感を取りに行くというか。

そういう“押しに弱そう”な客はきっとすぐ分かるんでしょう。私はまもなく黒マントのお兄さんに誘われ、踊りの輪の中に連行されました(笑)

踊りといっても振り付けは感嘆なのですが、かなりのスピードでずーっとグルグル回っていたせいでKさんの元に戻った時にはゼエゼエ言ってました。体力の衰えを感じる。

その後は「スリラー バーク ・ファンタジー・ミュージアム」のイルミネーションショー。建物いっぱいに電飾を取り付けて激しく点滅させたりするというかなり派手なショーでした。ハロウィンの季節らしくていいな。

 

ショーが終った後でホテルに帰りました。

 

-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐

レポがどうしてこんなに長くなるのだろう。あまりにも長いのでこれ中編にしてもう一つ記事作ります。

次こそ、後編へ続く。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
新しい絵文字を考案した。 ≡え°「キィィィーン」
  • ブログ内検索
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新記事
  • カウンター
  • 最新コメント
  • プロフィール
HN:
さえき(saeki/S女史)
性別:
女性
自己紹介:
好きな色は青・深緑・赤白黒。大の武具甲冑好きにして生粋の日本刀フェチ。好きな刀の部位は今のところ鎬かな☆(刀身を光に照らした時にカッコイイ)。好きな恐竜の学名は“Eoraptor lunensis (暁の略奪者)”で好きなドロンボーはボヤッキー!
タバコ吸ってる人がキョロキョロした瞬間に灰皿を差し出し、時間を聞かれた時に誰よりも早く答えることを生き甲斐にしている。座右の銘は「当意即妙」。軽度のナルシズムは功罪一体で重度のサディズムは秘匿事項。手紙書き・片付け・シイタケが非常に苦手な、体長163cmの学名“Homo sapiens”でございます。
  • フリーエリア
Copyright © わたくしのぶろぐ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館, iz *Template by Kaie
忍者ブログ [PR]